« 第二支部順位戦 | トップページ | 新人戦ミカサ杯予選始まる »

2010年6月28日 (月)

ファミリーマートカップ第30回全日本バレーボール小学生東京都大会

6月27日、町田市総合スポーツセンター会場ほかで全日本の東京都大会が開催されました。
各支部予選を勝ち抜いた、男子12チーム、女子52チームが2日間にわたり夏休みに行われる全国大会への切符をかけた熱戦の第一日目が行われました。P6270032

弥生第一スポーツ少年団は男子・女子チームが都大会に進むことができました。
朝6時に足立区を出発した選手・スタッフ・父母一同は、期待と不安の入り混じりながら、早めの会場到着でした。

緊張の入場行進と開会式が終わり、総合体育館でのサブアリーナで女子の試合が第二試合に行われました。
相手は地元の第7支部代表の鶴間JVCでした。
1セット目は緊張で体も動かず、相手にいいようにやられて10-21で失いました。
しかし、開き直った第二セットは、ブロックから相手にプレッシャーをかけると、こちらのサーブが走りだして、リズムを取り戻しました。21-8でセットを取り戻し、第三セットに突入です。
序盤から、そのままの勢いでリードを保ったまま、コートチェンジを迎えすんなり1回戦突破・・・と思いましたが、相手のエースが息を吹き返して終盤は追い上げられましたが21-18でなんとか初勝利です。

さて、10年ぶりの出場で経験のない男子チームは第三試合にメインアリーナで試合です。 相手は強豪のARSです。
格上相手にどれだけできるか、試合を楽しもうと選手を送り出しましたがやはり緊張をしているようで動きがガチガチでした。最初のセットを8-21で失うと、立ちなおすことが出来ないまま、5-21と惨敗になってしまいました。
選手スタッフとも経験のなさがもろに出てしまいました。
選手の感想も、『緊張した、天井が高くて感覚がつかめなかった』ということでした。

悔しい試合でしたが、とてもいい経験でした。秋にも都大会に行きたいとみんなが思ってくれたのが収穫です。

1回戦を勝ち進んだ女子チームは、第六試合に北区の神谷ジェットセブンとの2回戦です。第一支部1位のチームとの対戦です。P6270064
相手も最初の試合で緊張気味のようでした。第一セットは相手のサーブミスが目立ち終盤までリードしたままでしたが、勝負所からエースのアタックとフェイントに対応できず逆転されてしまいました。

第二セットも嫌な流れを断ち切れず、健闘むなしく0-2での敗戦でしたが、ほとんど経験の無い選手たちは精いっぱい戦えたようでした。男子同様に秋の東京新聞杯にも出場できるような目標が出来ました。

応援いただきました父母、OBの皆様本当にありがとうございました。

|

« 第二支部順位戦 | トップページ | 新人戦ミカサ杯予選始まる »

コメント

せりパパ、お疲れさまでした。
大応援団のおかげもあって、大逆転でしたね。

管理人はその場に立ち会えませんでしたが…

秋にも期待しています。

投稿: 管理人 | 2010年6月29日 (火) 07:38

昨日はお疲れ様でした!happy02
でも本当に一勝できて良かったですよね!
コーチの方々も朝早くからお疲れさまでした
m(_ _)m

投稿: せりパパ | 2010年6月28日 (月) 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177837/48740474

この記事へのトラックバック一覧です: ファミリーマートカップ第30回全日本バレーボール小学生東京都大会:

« 第二支部順位戦 | トップページ | 新人戦ミカサ杯予選始まる »